現役人材会社の中の人が解説します

人材業界の転職ラボ

転職

人材業界の営業から転職はしやすい?【体験談:私の入って良かった点と転職した理由】

人材業界の営業からの転職は結論から言うと「しやすい」です。

その為、人材業界以外の人で「転職を考えているが、特にやりたいことが決まっていない」という方にもオススメでして、転職市場においていわゆる「潰しが効く人材」になれます。キャリアを築く上でも、少なくとも悪くない選択にはなります。

また、今もしあなたが人材業界で働いていて、転職を考えているのならば、あなた自身の市場においての価値は高まっていると思って頂いて良いです。

私自身、人材業界の営業マンとして4年弱働いてきました。

人材業界独特の泥臭さや嫌なことも沢山ありました。正直キツいな、と思ったことも多々あります。

ですが、プラスなことも多くあったので、今となれば入って後悔は全くしていません。

そして、人材業界に身を置きながら転職エージェントを利用すると、数多くのオファーを頂け、断るのに忙しくなりました。(喜ばしいことなのですが)

 

人材業界からの転職はしやすいは本当

改めて、私自身の転職体験談からしても、「人材業界からの転職はしやすい」というのは本当だと思っています。

もちろん、

・人材業界に在籍していた期間はどれくらいか?

・仕事でどれほどの結果を残したのか?

・職種は何か?

といった、個々人に違う部分もあります。当たり前ですが、特に職種に関しては「営業」と「事務」では大違いです。

ですが、あえて言わせて頂くと、人材業界からの転職はしやすいのは事実。

私が大学4年生の頃の就活で受けた「セールスフォース」というCRM最大手の外資系企業の面接で

「どのような業界出身者が多いですか?」

と質問すると

「割合で言うと〜そうですね〜人材業界出身の方が多いですね」

と男性の面接官はおしゃってました。(セールスフォースには就職していません)

私の経験も含め、転職市場において「人材業界から転職がしやすい」のはどうやら本当のようです。

人材業界の営業から転職しやすい理由

さてその面接官の真意とは?転職市場でなぜ強いのでしょうか?

見ていきましょう。

新規営業・既存顧客へのルート営業どちらも身につく

人材業界は新規営業と既存顧客への営業どちらも同程度こなさないといけません。

営業経験をされてる方ならご存知かもしれませんが、新規と既存への営業スキルは似ているようで全く違います。

新規営業であればテレアポ・飛び込みをはじめ「自社商品の価値」および「自分と言う営業の価値」を全く知らないお客さんに売らないといけません。

アポを取るのも、当たり前ですがコツが必要ですし、一回では諦めないガッツや精神力が必要になってきます。

一方既存顧客への営業では、引き続き自社商品を使っていただけるよう、また追加でサービスを契約して頂けるよう「継続的な営業」が必要になってきます。

自社はもちろん「顧客企業に対する知識」も高いレベルが必要ですし、契約を取っているからと安心して放置すると信頼は崩れますので継続的なフォローも必要です。

人材業界の営業では、どちらも同時並行で経験をすることができます。

例えば、人材派遣サービスの営業の場合は、新規クライアントでの派遣スタッフの稼働させること、派遣中の企業に対しての企業側と派遣社員側へのフォロー。

正社員などの人材紹介サービスの営業の場合は、新規クライアントへ人材を入社させること、また入社した後も継続的に営業をかけて違うポジションの採用枠を受注すること。

配属部署の特色にもよるかとは思いますが、人材業界は新規・既存への営業力がバランスよく身につきます。

忍耐力・イレギュラーに対応する力・臨機応変力が身につく

人材業界で働いていると、予想外のことが多々起こります。

扱っている商材が「人」であり、人の行動を100%読むことは不可能だからです。

  • 人は性格がそれぞれ違う
  • 発言する内容や思想も違う
  • 育ってきた背景が違う

ともなると、どれだけ目の前のことを知っているとタカをくくっても、予想外のことが必ず起こります。

求職者が面接を飛ぶこともありますし、求職者に内定が出ても(営業マンは求職者の入社を決めれば数字になります)辞退することも多々あります。

顧客企業への説明もその時々でしてかなくてはなりません。

予想外のことが多々起きるというのはプラスの側面ももちろんあります。

忍耐力、イレギュラー力、臨機応変力といったあたりは他の業界よりも確実に身につきますよ。

他の業界に転職した時に「あ、精神的にラク」と感じることができます。

全ての業界に営業をかけられる

会社である限り、そこには必ず人が働いています。

人材業界の会社の商材は「人」になりますので、どの業界のどんな規模の会社にも営業をかけることができます。

  • 自分の好きな業界に営業をかけるのも良し
  • 勉強したい会社に営業をかけるのも良し
  • 自分が今後就職をしたいような会社に営業をかけるのも良し(人事担当者からリアルな内情を聞ける)。

自分のビジネスマンとしての視野が広がりやすい業界といえます。

(人材業界の転職が多い理由もこれが一因であります。)

人に好かれる能力(コミュ力)が大幅に向上

人材業界で働くとなればまず商材が人(求職者)。企業の担当者も人。

そして、その求職者と企業の間をウマく取り持ち、調整していくのが人材業界の営業マンの仕事になります。

ですので、そんな環境で数ヶ月も過ごせばコミュニケーション能力も格段に上がります。

そしてここがポイントなのですが、求職者は人材会社の担当者の好き嫌いで入社するかどうかを決めることが多々あります。

ですので、仕事で数字を上げていこうとする時は「求職者の心を掴むスキル」もかなり重要なスキルになります。

  • 企業の担当者の心を掴むスキル
  • 求職者の心を掴むスキル

他の業界よりも人と接する時間は単純計算で倍になるので、その分コミュニケーション能力や営業力の成長率も早まります。

企業の採用の仕組みと課題が分かるので、市場を読む力とビジネス力が向上する

人材業界の存在意義は「企業の採用の課題を解決すること」です。

ですので「人が足りなくて〜こういう人探してきて〜」という要望に応えるだけでは根本的な解決にはなりません。

そのポジションの人を欲しているのには原因があるはずです。

  • 成長産業の会社なので人が足りなくなるから
  • そのポジションで働く人の部署に問題がある

など、広い目でその問題を解決していくことが人材業界の存在意義です。

例えば、部署に原因があり、欠員補充の案件の場合。

  • 残業が多いのか
  • 引き継ぎ体制が不十分なのか
    →引き継ぎ体制を整えるよう指示(欠員補充を採用前にマニュアルを作ったりすること)
  • 人間関係に問題があるのか
    →先に社内の人事を整理しておく

といった感じです。

企業の採用の仕組みと課題を浮き彫りにできます。

また人の採用というのは、多くの場合企業のビジネス拡大のタイミングに伴う場合も多いです。

「半導体事業が伸びていて...」

という会話も、現場のリアルな状況を吸い上げられるので、市場を読む力もつきます。

「あ、じゃあ次転職する際はこういう業界にいくのもありだな」と。

そのようなことを頭において転職活動を行うことは、自分の転職市場における価値を高めてくれます。

人材業界は出来高重視の実力主義の会社が多い

人材業界は出来高重視の実力主義の会社が多く、イチ営業マン・ビジネスマンとして成長しやすいというのも一つ理由としてあります。

もちろん人材業界の中には実力主義を採用していない、昭和タイプの会社も存在はします。

しかし、現在日本には2万社以上の人材会社が存在しており、そんな人材市場で勝っていく為には「キレイゴト」では難しい時代です。

ですので、社内でも実力主義を採用し「本当に会社にとって利益をもたらす人」こそ今求められています。

【体験談】人材業界に入社して良かった点

私自身の体験談をお話しします。

まず私は人材業界に入社して良かったと思っています。後悔は何一つありません。

自分自身の成長を体感できたからです。

私は元々コミュニケーション能力が高くなく、お世辞には営業には向いてませんでした。

大学時代の友人からは

「あなたは話す力があったらね〜。営業とか大丈夫?やっていけてる?」

と言われていて、内心悔しいながらも、事実なので自分でも納得していました。

人見知りでしたし、新しく知り合った人に自分からは話しかけられないほどの根暗でした。

店員さんから話しかけられたらやっと話し出す、といった感じです。コミュ力に自信がない人には分かって頂けるのではないでしょうか?

ですが人材会社で3年半ほど働いて、上記の症状が全くなくなり、むしろコミュ力・人に好かれる力・営業力が大幅に向上したことがわかります。

後から入ってきた後輩には「○○さんは盛り上げられるし、喋れるから良いですよね〜」と言われるレベルです(お世辞も入っていたかもしれません。)

でも、それほどまでに私の人生へのインパクトは大きかったのは確かです。

【体験談】なぜ私が人材業界から転職しようと決意したのか【悪かった点】

ではそんな私がなぜ人材業界から転職しようと決意したのか包み隠さず全部話します。

転職理由1:社風が合わなかった

「社風が合わない」とは転職の際の「使い古された言い訳」でよく使われますよね。

私は自分で言うのもアレですが「意識が高い」方に分類されると思います。

「この会社を日本で業界一位にしたい」

「人と企業の役に立ちたい、貢献したい」

「成績も上げて会社に貢献したい」

と仕事ができないながらも、いきり立って新卒で某大手人材会社に入社しました。

ところが仕事をある程度覚え、成績も出せるようになってきた2〜3年目のことです。

醜い社内政治が溢れていて、

「顧客企業よりも社内の上の役職の人へはどうすれば気に入られるか?」

「どう評価されるか?」

「有能な社員をどうやって自分の派閥に引き入れるか?」

などを重視する社風だと、生々しいまでに感じるようになりました。

全ての人材業界の会社がそうだとは思いません。たまたま私の入った会社がそうだっただけだと、心から思います。

まずはそこが私には合いませんでした。

転職理由2:給料が上がりづらかった

私は入社当初8ヶ月ほどはどん底にいました。

ですが、2年目には支店で1番の成績を上げられるようになりました。

しかし、その後働き続けても給料の上がり幅が少なかったのです。

これは私の同大学出身者の人と「給料」について会話する中で発覚し、「あれ、頑張っても稼げないじゃん」と悟るようになりました。

この給料の上がりづらさというのも人材業界の会社が全てそうだとは思いません。あくまでも他の業界と比べて、と言う点です。

ここも私の中では大きかったですね。

転職理由3:数字を上げてもジリ貧になった

営業の数字を上げると、社内でも自分の存在を重宝され始めて、仕事が楽しくなってきます。

しかし人材業界あるあるでしょうか?

人材会社は企業への入社数=数字となります。

ですので、数字を上げれば上げるほど、その分入社させて面倒を見るべき人が増えることになります。

特に「人材派遣サービス」も商品として扱う人材会社は、その傾向が強いです。

特に仕事が立て込んでいる時などは「数字を上げるとまた無駄に疲弊をするのではないか?」と思うようになり、モチベーションの低下を招いてしまいました。

転職理由4:付き合う人のレベルを上げたかった

社風のところともリンクしますが、社内政治ばかりを頑張る人と一緒にいるよりも、よりスキルや意識が高い人と仕事をしたいと思うようになりました。

ただ「人材業界から転職しやすい理由」の項でも書きましたが、全業界どの会社にも営業をかけられます。

企業・担当者の開拓は自由ですし、その中には尊敬をできる人は数多くいらっしゃいました。

「社内は社内、外の担当者との繋がりから成長を目指す」と割り切って仕事ができるのは人材業界で働く大きなメリットです。

人材業界から転職するのにオススメな転職先

メリットとデメリットについてお話させて頂きました。

人材業界は転職しやすいのは事実です。では実際転職先のオススメとしてはどのような会社・ポジションがあるのでしょうか?

企業人事

人材会社の営業から企業人事に転職する人は多いです。

人材会社の仕事って何でしょうか?

  • 求職者の登録と面談誘致対応
  • 登録誘致の為の採用&PR活動
  • 求人企業と求職者とのマッチング
  • 企業面接との日程調整
  • 企業側および求職者へのフォロー

実はこれらの仕事はそのまま「人事の仕事」なのです。

厳密には「人事」の仕事の経験者とは言えませんが、基本的には求人企業の「人事枠」は受け入れてくれることが多いです。

有形商材(メーカー等)の営業全般

人材業界の商品は「人」になります。

ですので、有形商材であるメーカーなどの営業全般にも転職しやすいことになります。

人というのは一人一人「個性」があります。(人材業界で働いて見ると分かりますが、びっくりするくらい個々人には個性があります)

ですので、そんな個性のある「人」の企業への売り込み方も、その「人」に合わせてアレンジしていかないといけません。

ですので、程度はあれ「どのような商品でも売る」基礎が身につきます。

無形商材の営業全般

実は無形商材への営業全般へも転職しやすいと言えます。

人材業界の会社は数多く溢れています。

全国の企業も人材業界から新規営業されることには慣れています。

ですので、そんな中他社と差別化を図り契約を勝ち取るには「提案力」が必要になります。

ただ「人を出せる」以上の価値を企業に感じてもらうような提案が必要です。

人材業界の会社は特に、業務フローは自由が聞く場合が多く、企業ごとにアレンジを加えながら進めることができます。

それらはまさに「無形商材」の営業全般に必須のスキルとなり、強みになります。

経営コンサルタント

人材業界で働き、結果も出すことができた場合、経営コンサルタントへの転職も夢ではありません。

人材業界の会社は、経営課題を「人」で解決する仕事をします。

となれば、顧客企業の問題に常に向かい合っていかなければなりません。

時に人以外のところをアドバイスすることも出てきます。

これは経営コンサルタントの仕事に近しくもあります。

そのあたりの経験値を結果を残しながら貯めていき、面接の際にしっかりとアウトプットできるのであれば経営コンサルタントにも転職は可能性は十分あります。

教育業界全般

人材業界は人と向き合うことが仕事です。

研修や面談を通して、向き合う中でアドバイスや教育を行う必要があります。

ですので、教育業界(例:ベネッセ等)へ転職する場合も潰しが効きやすくなります。

実際人材業界の経験は教育業界からのウケが非常に良いです。

教育するのが「人」か「学生」かの違いだけだからです。

他の人材業界の人材会社

人材業界から、さらに良い条件で他の人材業界の会社に転職する人も多いです。

着実な「キャリアアップ」と言えます。

経験をそのまま活かせますし、違う同業界の違う会社に入ることで文化や仕事の進め方なども違います。

ですので、新たな刺激を受けながら、自分のビジネススキルをアップデートしていけます。

人材業界を何社も渡り歩く人も多いですし、同業界へ転職する際にはほぼ確実に「給料」をアップさせることができます。

人材業界の仕事内容が自分にあっている場合には非常にオススメできる選択肢の一つではあります。

-転職

Copyright© 人材業界の転職ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.