巣ごもり運動生活

運動不足を自宅で解消!?カンタントレーニング【巣ごもり消費生活】

自宅で運動

運動不足を家で解消するための簡単なトレーニングを紹介していきます。

コロナの影響を受けて、外出を控えている人もたくさんいると思います。

実際、普段ジムに筋トレしにいっている人でも、今はいかないで家でトレーニングしている人が増えているようです。

そんな私も普段はなるべく歩いて買い物にいき、階段を使うように心がけていますが、巣ごもり消費生活をするようになってからは、自宅で運動するようにこころがけています。

⇒【巣ごもり消費生活とは!?

自宅でのトレーニングとは言っても、運動には種類があるのでそこから解説していこうと思います。

是非、自分にあった運動の方法を見つけて取り入れてみて下さい。

運動の種類

・有酸素運動
・無酸素運動(筋トレ)

上記2種類があります。

有酸素運動は、ウォーキングや、息切れしない程度のランニングのことを言います。

無酸素運動は、ほぼほぼ筋トレを指されることが多いですが、100m走などの短距離は無呼吸で行うことが多いため厳密には無酸素運動に分類されます。

違いは呼吸によって酸素を取り入れながら体を動かすかどうかと思ってもらえれば大丈夫です。

効果の違いは、有酸素運動は脂肪燃焼、無酸素運動は筋力強化のイメージになります。

自宅で有酸素運動

有酸素運動では、ウォーキングやランニングを指すと言いました。

しかし残念ながら家でそのような運動をするのは、よっぽど広い家でないと難しいと思います。

あって、マンション住まいの方で廊下の距離くらいだと思います。

その場で動き続けるものが自宅でできる有酸素運動になります。

ただ、息切れはしないようにすることがコツになります。

・ラジオ体操
・段差の上り下り
などが自宅でできる有酸素運動の例になります。

自宅で筋トレ

自宅でできる無酸素運動は無難に筋トレでしょう。

短距離走などを自宅で行うのには無理があります。

しかも筋トレといってもかなり負荷のかかるものを行わないと、ただの運動になり、有酸素運動と違わないことになるので注意が必要です。

5分くらいまでの短時間で、筋肉に負荷がかかる運動をすることがおすすめです。

長々と腹筋100回するよりかは、3分間だけに絞って腹筋に効くきついトレーニングをノンストップで行うというのが基本になります。

忙しい人などには、短時間でできてやりやすいです。

腕とか足とかは普段トレーニングしていない人はやらなくていいので、くびれができて嬉しい腹筋をトレーニングしましょう♪